Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

0からモノを作り出すお仕事

このサイトでは、「創造力」を活かせる仕事について解説していきたいと思います。
具体的にどのような職業があるのか見ていきましょう。

1. 工業・住環境デザイン系

建築家、インテリアデザイナー、造園家、都市計画家、ガーデンデザイナー

人が生活するさまざまな空間(住空間・公共空間・商業空間・福祉空間)を、心地よい空間となるように設計し、カタチにする仕事です。
主に建築学の知識や技術が必要になってきます。
心地よい居住空間、環境に配慮した都市づくり、高齢者に優しい住環境といったものを目指す職業です。

2. 美術・デザイン系

画家、ネイリスト

デザインとは、多くの人に気に入られ、生活を楽しくしたり、おしゃれにしたりする役割があります。
また、芸術や美術の意味合いも含んでいます。
絵に関する基礎知識や専門知識はもちろんのことながら、新しいものを作り出す必要性もあるので、様々な分野から刺激を受けることも大切になるでしょう。

3. 工芸系

陶芸家、書道家、彫刻家、ガラス工芸職人

工芸とは、実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物のことをさします。
多くは、緻密な手作業によって製作される手工業品です。
あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なるようです。
ただし両者の境界は曖昧であり、人によっても解釈も違うといわれています。

4. イラスト系

グラフィックデザイナー、装丁家、Webデザイナー、イラストレーター

情報を伝達する媒体の1つとしての、イラストを製作する仕事です。
目的に沿って作成される絵や図像であり、情報の図解という性質を持っています。
マスメディアを通じて社会の中で機能することを前提としています。
そのため、作家自身の世界を一貫して追求する芸術・美術とは性質が異なっています。

5. クリエイティブ系

自分の世界を様々な媒体で表現する職業をクリエイティブ系としました。

文章によって物語を作る小説家、舞台やドラマで表現する演出家、聴覚にうったえる作曲家、絵で物語を演出する漫画家、ゲームを作るゲームクリエイターを紹介します。

今回このサイトではこれだけの業種を紹介しています。
どのような勉強をすればいいのか、何をしたらその職業につけるのか、実際どのくらい稼げるのかも記述しているので参考にしてください。

珍しい職業も取り上げているので、併せてチェックしてみてください。


創造力を磨くには、様々なメディアの情報に触れることが大切です。
本や映画、音楽、絵画などの創作物に積極的に触れることで創造力を養いましょう。

また、日常生活でも創造力を磨ける方法をいくつか調べてみたので、参考にしてください。

1. わざとインターネットを遮断して、自分を退屈させる。

退屈になることで、本当に必要な情報だけが残り、脳は身の回りの捉え方を再構築していきます。

2. 本を読む→言葉に出すというプロセスを繰り返し行う

本を読むとき人は、文章を左脳で言語化し、右脳でイメージ転換します。両方の脳を刺激することで脳の力は高まります。

3. 自分なりの適度なエクササイズを心がける

有酸素運動を30分間行うと、認識力が高くなるそうです。

4. しゃがんだり、物理的視点を変える

新しい見方をするだけで、何かのきっかけを得ることができます。知らない場所に行くのも効果的だそうです。