Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

アニメーター

夢を与える仕事

アニメーターは、原画マン、動画マンといった作業の割り振りがある中で仕事をこなす職業です。
原画マンとして働く場合、原画を描く仕事となりますので、手先の器用さだけでなく専門用語の理解力も試されます。

動画マンの場合は、実際に描き起こされたものをつなげて、正常に動画として見ることができるのかをチェックします。
基本的にアニメーターとして勤務する場合に、あれもこれもまとめて担当するということはありません。
なので、決められた作業をこなしていくのがアニメーターとなるので、自分の要望通りの現場に配属されるのはキャリアを積んでから・・・となります。

そのような仕事のため、中々大成しないアニメーターの方も多く、現状では作監と言われている立場の人が有名です。
作監とは作画監督のことを言います。
作画監督として仕事をする場合は、企画について内容を練っていくのが仕事となります。
全体をまとめるリーダーとしても活躍しなければならないため、責任重大な中で勤務に励まなければいけません。

ですが、アニメーターは子どもやアニメ好きに夢を与えるのが仕事です。
作画監督のような監督、もしくは監督に近い立場にある人は、スタッフロールが流れる際に自分の名前が大きく載るケースが多いので、多くの人に自分の存在を知ってもらえるという魅力があります。
また、自分が作ってみたかった作品、手がけてみたかった作品を創造できるのも作画監督の魅力でしょう。

また、想像されている以上に仕事そのものはハードとされています。
ですが、それでもステップアップが図れる仕事として人気が高いため、アニメーターの求人は安定して多いと言われているのです。

内容は地味

仕事内容ですがかなり地味です。
最近では、アニメーターの仕事を特集している番組もありますが、そのような番組の影響を受けて明るい仕事だと思わないほうが良いでしょう。

というのも、ベテランになるまでは常に忙しい仕事だからです。
原画を多く描いていかなければいけない仕事となっていますし、遅れてしまえば彩色担当といった、他の担当をされている方に迷惑がかかってしまうのです。
そのため、アニメーターとして求められる資質にスピードがあります。
今では養成学校もありますので、そのような学校を出ていない場合は仕事についていくのもきついでしょう。

実際に夢をもってアニメーターになられても、想像していたものとは違う!ということでやめている若者が多くいます。
また、アニメーターといっても仕事内容には違いもありますので、自分が好きなプロダクションの名前くらいは正確に把握しておいたほうが良いです。
このような対応からミスしてしまい、就職先に納得がいかない人までいるのがアニメーターという仕事の注意点です。