Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

エディトリアルデザイナー

デザインスキルを発揮

エディトリアルデザイナーは本や雑誌等の様々な書籍で、読み手が読みやすいようにレイアウトデザインを行なうエディトリアルデザインの仕事を担当します。
デザインの仕事に対してやり甲斐を感じられる機会が多く、創造力を仕事に活かせる職種として人気があります。
創造力が必要になる仕事は色々ありますが、エディトリアルデザイナーの場合はクライアントの意向も聞きながら形にしなければいけないため、完全に自分の創造力だけで仕事ができるとは限りません。
ある程度実績を重ねなければ満足のできる収入を得られないため、地道に仕事に取り組みながらスキルを高めて実績をどんどん増やす努力が必要です。

参考:エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーになるには

デザイン系の専門学校や大学、短大で勉強をしてきた方がエディトリアルデザインを取り扱っている事務所や企業に入社する事になります。
新卒の方は学校で制作した成果物を確認しながら入社試験が実施される場合があります。
中途採用の場合は前職でエディトリアルデザイナーとして活躍していた方が応募条件になる場合があります。
前職での実績について確認される場合が多いため、事前に公表しても問題ない成果物をすぐに用意する準備を整える必要があります。

エディトリアルデザイナーに必要なスキル

当然ながらエディトリアルデザインに関する高度なスキルを持っていると有利になるのは間違いありませんが、未経験の方は実績を示すことができません。
デザインスキルを示して、創造力を仕事に活かせるようにアピールすることが大切です。
エディトリアルデザイナーはデザイン能力だけでは高い評価を受けることができません。
肝心なのはクライアントの要望通りに形にすることで、満足していただける実績を残せるほど高い評価を受けることになります。
時にはチーム体制で一つのプロジェクトに対して取り組むことになるため、コミュニケーション能力がなければうまくいかないものです。
クライアントの希望をできるだけ細かく聞かなければ実現しにくい部分も多いため、こちらから積極的に質問をしながらクライアントが望む形に仕上がられるように努力する必要があります。
基本的なスキルとして、一般的にはパソコンを使用してDTPソフトを活用しながら作品を仕上げることになるため、ソフトを使いこなすスキルも必須になります。
パソコン操作が苦手な方は出来る仕事が限られてしまうため、将来もエディトリアルデザイナーとして活躍する意思があるなら積極的にスキルアップを図りましょう。