Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

彫金家

主な仕事内容

彫金家というのは、彫金師として知られている仕事のことです。
昔は伝統工芸品を作る人のことを言っていたのですが、今ではそのような仕事を彫金家として案内しているケースが減ってきました。

参考:彫金家 | 大学・専門学校の【リクナビ進学】

その理由は職人さんとして働く人より、全般的な彫金家として働く人が増えてきたからです。
彫金家というと、金を彫るイメージがありますが、このような仕事ばかりをこなしているわけではありません。
近年では、金を使った商品に細工を施すような仕事もあり、その仕事の中には修復を担当するような内容もあります。

つまり、使い古された金を修復するだけでも彫金家なのです。
このような仕事の中には、かなり時間をかけて修復するものもあるのですが、作業は複数で行うわけではありません。
割り当てられた仕事内容を確認して、主に1人で修復作業を行っていく流れになっています。

なので、彫金家は責任感のある人でなければ勤まらないとも言われています。
その代わり、彫金家としての仕事は豊富にあるため、仕事では社員、アルバイトという形で求人が多く出ているという特徴もあるのです。

後、彫金家として勤務する場合は自分の名前が使われることもあります。
お客様とコミュニケーションを取ることもありますし、仕事内容について案内する必要があることもあるのです。

このような点が他の仕事との大きな違いでしょう。
彫金家の場合、勤務先が社内と決まっているわけでもありませんので、仕事先が会社以外の現場ということもあります。
大型の金細工を修復する、もしくは金をあしらった商品に変えて欲しいということで仕事を受注することもあるのです。
ここで重要となるのがキャリアなのですが、彫金家の仕事はキャリアが短い場合は他の人の作業を補助することが多いため、中々、自分一人で仕事させてもらえるわけではありません。

彫金家のイメージでは、中年以上の男性が勤務されている仕事風景が良く出てきます。
ですが、実際は指導を受けながらの勤務となるので、それほど一人でコツコツ勝手にできる仕事ではないのです。

給与はそれほど高くはない

アルバイトの場合、給与は時給にして1000円以上だと思っておきましょう。
勘違いされている方も多いのですが、彫金家といってもキャリアを積まない限りは仕事量が多くないため、それほど給与にも影響を与えません。

高時給とされている彫金家のアルバイトでも1500円前後です。
正社員として勤務されている人も大きな違いはないため、実績の多い人物でない限り高い収入を得られるわけではないのです。