Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

ゲームクリエイター

■ゲームクリエイターの仕事とは

コンピュータゲームは、プログラマーやグラフィッカー、プランナー、サウンドクリエイター、シナリオライター、アートワーク、ディレクターなど、さまざまな専門職の人の共同作業で開発されます。これらのスタッフを総称して、ゲームクリエイターと呼びます。

ゲームクリエイターを目指すのなら、自分がどの職種に就きたいかを考え、それぞれの専門知識やスキルを身につけなくてはなりません。

■ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、ゲームを構成するプログラムを開発する専門スタッフです。C言語などのプログラミング言語を最低ひとつは習得している必要があります。数学的なことは高校数学の応用になりますので、高校数学程度はできる必要があります。

ゲームのプログラムはひらめきがカギになるので、ゲームプログラマーにはそういったセンスが必要になります。普段から身の回りのことに興味を持ち、発想力を身につけることが大切です。

■グラフィッカー

グラフィックデザイナーとも呼ばれます。ゲーム開発において、背景やキャラクターのグラフィックを描く担当になります。また、グラフィッカーの描いた絵はプログラマーによってゲーム内で動かされます。そのため、プログラマーに指定された限られた容量の中で、キレイな絵を描く技術も求められます。

グラフィッカーは絵を描く仕事なので絵が好きなことに加え、確かなデッサン力が求められます。また、パソコン上で絵を描くための画像編集ソフト等を使いこなせるスキルも必要になります。

■プランナー

プランナーとはゲームの企画を考える仕事です。一般的に「ゲームクリエイター」といった場合に、このプランナーととらえられることが多いようです。

プランナーになるために必要な技術は特にありません。しかし、逆にこれを勉強すればいいということもありません。発想力と企画力がプランナーの要と言えます。この発想力と企画力のほかに、自分の考えたゲームの企画を正しく伝えるコミュニケーション力、プレゼンテーション力も求められます。また、売れるゲームを作るためにマーケティング能力も必要となります。

■サウンドクリエイター

ゲーム内のBGMや効果音を作るスタッフです。サウンドクリエイターは純粋に音楽を作るだけの作曲スタッフと、音楽をプログラムに換えてゲームで鳴らすサウンドプログラマーに分かれます。サウンドプログロマーはプログラムの知識が必要になります。また、ゲームのサウンドも決められた容量があり、その制約の中で音作りをする技術が必要です。

■シナリオライター

シナリオライターとは、ゲームのシナリオを書く仕事です。原稿用紙に物語をどんどん書いていくことが想像されがちですが、実際はフローチャートのようなものを作る作業が多くなります。ストーリーの大筋は企画の段階で決まるので、そこから話をまとめて、肉付けしていきます。

ゲームは作成段階で、変更が加わることが多く、それに合わせてシナリオも変えていく必要があります。シナリオに合わせて他の部分を変えるより、シナリオの辻褄を合わせたほうが、作業量が少なくなります。臨機応変に対応できるように話を作ることが大切です。もちろん、ゲームによってシナリオ重視のものもあります。

■アートワーク

アートワークとは、ゲームソフトのパッケージのデザインや取扱説明書の編集をする仕事です。ゲームのタイトルも考える場合もあるそうです。

取扱説明書の文章を書くのも仕事のうちなので、ライティング能力も必要です。誰が読んでもわかるように表現するのが大切です。

■ディレクター

ディレクターとは、開発チームのまとめ役です。いろいろな場面で最終的な判断をしたり、進行を管理したり、スタッフに仕様を伝えたりします。また、ゲームの企画の立ち上げ、企画の枠組み、スタッフ構成を考えるのも仕事です。

ゲームつくりの指揮官ともいえ、ディレクターによってゲームの品質が変わってしまいます。非常に責任のある仕事といえるでしょう。

■ゲームクリエイターのお給料

いろいろな職種がありますが、平均年収は400万円程度だそうです。福利厚生や休日、ボーナスも一般的な会社と変わらないようです。
人気作品を手がけるディレクターにステップアップできれば、年収1000万円以上も夢ではありません。