Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

造園家

■造園家の仕事とは

造園家は、庭師のことで作庭家とも呼ばれます。造園家の仕事とは、主に個人宅に出向き、庭造りや樹木の手入れなどをして、庭の維持管理に勤める職人です。

また、庭木の植物だけなく、生垣や照明、壁、池など庭全体の空間造りも行います。樹木や草の特性によって加工の仕方を変えたり、庭に対する日当たりや池の水の流れなどを考慮したりしながら、顧客のニーズに合わせて庭を造ります。植物に関する知識はもちろんのこと、庭という空間を美しく見せるための技術や表現力といった美的センスもとても重要です。

また、個人宅の造園だけでなく、公共施設やゴルフ場、工場、テーマパークといった施設の緑を増やすことも造園家の仕事です。大きな施設には、敷地面積に対して緑地化しなければならない割合が決められており、そのような法律の知識も造園家には必要になるでしょう。

■造園家になるには

造園家になるために必要な資格や検定は、特にありません。造園家として能力を証明するものとして、国家資格がいくつかあります。

「造園技能士」や「造園施工管理技士」、公的資格として「樹木医」などがそれにあたります。「造園技能士」には、1級・2級・3級があります。1級が厚生労働大臣、2・3級が都道府県知事により合格を認定される資格です。「造園施工管理技士」は、合格率の低さから、数ある施工管理技士資格の中で最難関といわれています。
ただし、これらは実務経験が必要なため、就職後に取得することとなります。

造園家になるには、造園会社に就職しましょう。大学や専門学校などで、造園や園芸、建築などの知識を身につけてから、造園家になるのもいいでしょう。また、自然を相手にする仕事なので、基本的に屋外での作業や、石や土、枝などを運ぶ力仕事が多いので、体力が求められる仕事になります。

■造園家のお給料

年収は就職先によって異なりますが、造園会社は中小企業が多いので、一般的なサラリーマンよりやや低めの200~300万円程度になります。しかし、キャリアを積んで、独立してフリーで仕事を取ることができれば、年収が1000万円をこえることも夢ではありません。造園会社で経験を積みながら、独立を目指すといいでしょう。