Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

グラフィックデザイナー

■グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは、広告やカタログ、商品パッケージ、電車の車内吊り、チラシ、雑誌、書籍等の印刷物をデザインする仕事です。顧客からヒアリングした企画内容やコンセプトに基づいて、デザインを考えます。

優れたデザインを描くだけではなく、商品のイメージを適切に伝えるといった、顧客の要望を視覚化するセンスも必要です。

■グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるには、印刷物の制作会社や広告代理店、企業の宣伝部などに所属して、デザインの仕事をすることが第一歩です。必ずデザイン系の専門学校や大学を出ている必要はありませんが、やはりデザイン系出身でないと、こうした会社への就職は難しいようです。

デザイナーというだけあって、美的センスが求められます。普段からデザインに興味をもち、新しい情報に触れてセンスを磨くことが重要です。デザインに対する好奇心も必要です。

また、クライアントが描いているイメージや、デザインのコンセプトを正しく聞き取るためのコミュニケーション能力も必須です。ヒアリングや提案がしっかりできないと、クライアントを納得させるデザインは作れません。

■DTPデザイナーとは

グラフィックデザイナーについて調べると、DTPデザイナーという職業がよく見当たります。この二つの違いを見ていきます。

グラフィックデザイナーは、手書きであろうと、昔ながらの手法であろうと、デザインさえできればそれで成り立ちます。コンピュータが使えなくても問題はありません。
DTP(desktop publishing)デザイナーとは、コンピュータを利用してデザインする人です。手作業でのデザインができなくても、PC上でデザインできればDTPデザイナーといえるでしょう。

細かく見ていくとこのような違いがあります。しかし、現在のデザイン事務所において、どちらかしかできない人は「使えないデザイナー」です。DTPも手作業でのデザインもできて、初めて一人前のグラフィックデザイナーです。

実際にデザイン事務所で働くときは、DTPオペレータの作業から教えられることが多いと思います。DTPオペレータとは、デザイナーに指示されたデザインを、コンピュータによって正しくデータ化する仕事です。

非常に細かい分類なので、これらを全て一緒に考える人も多くなっています。

■グラフィクデザイナーのお給料

グラフィックデザイナーの年収は、デザイン事務所や代理店、出版社で働く場合、初任給は17~20万円で、経験者で年収300万円~1000万円ほどと言われています。大手の広告代理店に勤めれば、30代で1000万円の収入も見込めます。フリーの場合はピンからキリまでで、年収100万円から数千万円稼ぐ人までいます。

アートディレクターやイラストレーター、コピーライターなどを兼任していると、そちらからの収入もありますので、業界で名が知れればかなりの高収入が期待できます。