Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

カメラマン

フリーランスが多い

カメラマンというのは、被写体を撮影する人というイメージがありますが、今ではそのような立場で勤務されている人は減ってきています。

というのも、会社員として働けるケースが減ってきているからです。
ビデオ撮影を主に行っている会社であれば、社員として採用される可能性はありますが、一般的なカメラマンはフリーランスとして勤務するケースがほとんどです。
フリーランスというのは、フリーで活躍している人のことなので、自営業主に近い形で勤務されている人が多いと思っておきましょう。

次に仕事内容ですが、被写体を撮影するだけがカメラマンの仕事ではありません。
今では、カメラ機材を決められた場所まで運ぶのもカメラマンの仕事となっていますし、企画を練るのも仕事の1つとされているのです。
つまり、体力がないようではカメラマンとして勤務するのが困難・・・というケースも増えています。

あと、業界人としてコミュニケーションが取れないと、新しい仕事が舞い込まないこともあります。
顔を売るというのもカメラマンの仕事なので、どのような場所に行っても堂々としていられる人ほど相性が良い仕事と理解したほうが良いでしょう。
実際に国内だけで勤務するわけではありません。
外国に行くこともありますし、泊まりこみで企画に参加するような仕事だってあります。

近年になって増えてきたものでは、これから先イメージとして利用される写真を撮影する仕事も増えてきました。
撮影するのは自然であったり、もしくは人物以外となります。
このようなイメージを正確に捉えて、カメラマンとして勤務できる人も今では増えてきているのです。

フリーランスで仕事されている場合は、採算が取れる仕事かどうかを自分で判断しなければいけませんので、事務的な対応も対応可能という人のほうが、安定してカメラマンの仕事を続けていけるでしょう。
タレントや有名人を追いかけるのがカメラマンの仕事というわけではないので、基本的に華々しい環境で働くケースはそれほど多くない・・・と、理解しておくのも大事です。

収入は高い!?

カメラマンの平均年収は500万円以上とされています。
フリーランスではなく、社員として勤務されている場合の年収が500万円以上という意味です。

少ないように感じるかも知れませんが、こちらはカメラマンの年収ではかなり高い部類です。
同じような仕事内容でも、社員ではないというだけで年収が350万円以下というケースは非常に多いため、カメラマンとしてキャリアを積みたいのか、それとも独立したいのかは早めに決めておいたほうが良いでしょう。

カメラマンは仕事そのものが多く責任も重大なため、無責任な人とは相性が悪い仕事と理解しておいたほうが、仕事を行うようになってからもトラブルを起こさずに済みます。