Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

創造力を高めるには

「創造」の翼を広げる

創造力を仕事に活かすためには、柔軟に色々なアイデアを発想するスキルが必要になります。
創造力をどのように高めたら良いのかよくわからないという方も多いですが、想像力は想像の翼を広げることで元々自分が持っていた知識がどんどんイメージとして膨らんでいくものです。
創造力を高めるためには、自分が持っていた知識から想像するのではなくて、何もないゼロの状態から新しいものを想像するトレーニングが必要になります。
どのように創造の翼を広げるべきなのか考えてみましょう。

参考:創造力を高めるための奇妙な5つのルール

失敗を恐れない

創造力を発揮して仕事に活用するためには、創造力を高める方法をしっかり実践しなければいけません。
全く何もない状態から創造するのが苦手だと感じている方は、とにかく失敗を恐れている傾向があります。
失敗するのが怖くて新しい発想を取り入れるのが嫌だと感じてしまうようです。
失敗を恐れて何も手に付かない状態では、創造力を活かす仕事を遂行するのは不可能です。
むしろ何も考えずにとにかく挑戦してみようとする意識が強い人の方こそ明らかに創造力があるものです。
がむしゃらにあらゆることに対してチャレンジする気持ちがとても大切です。

自分は自分、他人は他人

自分の持っている創造力を仕事場で十二分に発揮するためには、自分の意思を簡単に曲げない事が大切です。
創造力の邪魔をするのは周囲の意見であるケースが非常に多いものです。
何でも右へならえ!の感覚で取り組んでいては、いつまでも新しいものを創造することができません。
クリエイティブな思考を発揮するためにも、他人にとやかく言われても惑わされないように気をつけなければいけません。
例えば昔の芸術家や音楽家は生前全く評価されずに貧乏生活を強いられていて、死後にようやく評価されるようになった方がたくさんいます。
現在は何十億、何百億円とも言われるような高額で取引される有名な画家のゴッホは、生前には全く評価されていなかったことでも有名で、まともに売れたのはたったの一枚の絵だったと言われています。
今では信じられない話ですが、壁に開いた穴を塞ぐためにゴッホの絵が使われていたとの逸話が残されているほど全く売れない画家だったそうです。
自分の信念を貫き通して創造力を発揮していた良い例と言えます。

創造力を高めようと意識するほど難しく考えてしまいがちですが、決して難しく考えることはありません。
自分の力を信じ、前向きに頑張ろうとする意思が強いほど創造力を発揮できるものです。