Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

鍛える方法

創造力のトレーニング法とは

どうしても良い発想が出なくて、創造力を仕事で発揮できないと思い悩んでいる方は、一度肩の力を抜いてトレーニングを実践してみてはいかがでしょうか。
普段の自分なら創造力を発揮できても、仕事になるとどうしても上手くいかないと感じる方も多いものです。
仕事に対するプレッシャーを強く感じるほど自分の本領を発揮できないため、まずは身近な事から実践してみてはいかがでしょうか。

参考:創造力って鍛えられるの?試してみたい9つの方法

プライベートで行なうトレーニング

プライベートなら創造力を出せるのに、仕事になると怖気づくのはどうしても心の中で緊張した状態が続いているからだと考えられます。
緊張感を全く持たないまま仕事を行なうのは問題ありですが、緊張感を持ちすぎる方が問題になります。
リラックスした気持ちで仕事に取り組めるように、プライベートではとにかくストレスを溜め込まないようにしてください。
ストレス解消の方法としておすすめなのは有酸素運動です。
体の中にしっかり酸素を取り込んで行なう運動は、決してハードな運動ではありません。
たっぷり酸素を体の中に吸い込むほど頭がスッキリしてきます。
ストレスを感じた状態のままではどうしても頭の中がモヤモヤして創造力を発揮できません。
有酸素運動は最低でも30分程度続けなければ良い結果が得られません。
できるだけ毎日30分でも実践するように心がけて、ストレス解消と脳の活性化のメリットを同時に得られるようにしましょう。

仕事中のトレーニング

実際に仕事をしている間に創造力について意識し過ぎると余計な思考が残ってしまうためあまり良くありませんが、プレッシャーを感じながら仕事に従事するのは最も避けたいものです。
完全にゼロの状態から何かを生み出そうとするのは至難の技です。
本当にオリジナルのものを生み出そうとするのではなく、何かにヒントを得て今までにはなかったものを生み出すのは全く問題ありません。
この場合注意しなければいけないのは、アイデアのヒントを得るのではなく、完全に猿マネ・パクリにならないようにする事です。
ただ真似をしただけでは創造力を発揮させたとは言えません。
ふとした事がきっかけになって突然アイデアが浮かんでくる場合があります。
例えば連想ゲームのように考えていると、思わぬアイデアが思い付き新しいモノを創造するきっかけに繋がる事があるものです。
ドラえもんが誕生したきっかけが、散歩中に見た猫と、作者の自宅にあった起きあがりこぼしがネコ型ロボットのドラえもんのキャラクターとして誕生した話は有名で、創造力がフルに発揮された良い事例と考えられます。