Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

サウンドクリエイター

ゲームの面白さを盛り上げる

家庭用ゲーム機やパソコン、スマートフォンなどゲームの歴史は日々進化していますが、全く効果音やBGMがないゲームでは迫力に欠けて全く面白みが感じられないものです。
やはりゲームにはそれぞれのシーンに合わせた音楽が必要です。
ゲームの制作にはたくさんの人がそれぞれの役割を担当しますが、音楽に関する仕事を担当するのがサウンドクリエイターです。
創造力を活かせる仕事の中でゲーム音楽を創りだすのが、ゲームクリエイターの大冊な役割になります。
サウンドクリエイターには2種類の仕事が存在しています。

参考:サウンドクリエイター~BGMや効果音を作るひと~

作曲とプログラミング

現在はサウンドクリエイターの仕事は、BGMの作曲担当と効果音とプログラミングを行なうプログラミング担当の2つに分かれています。
作曲担当はゲームの内容に沿った曲を創る実力が求められます。
例えばRPGでは冒険に出かける勇ましいオープニング曲がゲームの売れ行きを左右すると言っても過言ではありません。
どんなに作曲家としての実力があっても、あまりにもゲームのイメージとかけ離れたような曲しか作れないとサウンドクリエイターとしての実力は乏しいと評価される可能性もあります。
実際に発表されている作品をたくさん聞いていると、ゲームの内容がイメージできる曲が採用されているとわかるはずです。
もちろん基本的な音楽の知識も要求されます。

プログラミング担当は当然ながらプログラミングのスキルは必須になります。
特にC言語のプログラミングスキルは最低限習得しておかなければいけません。
一般的にはプログラミング担当が効果音を担当していますが、作曲スキルが高くなければいけないものではありません。
内容に合った効果音を創るセンスと実力があれば問題ないと言われています。

サウンドクリエイターに求められるのは

ゲームの制作にはたくさんのスタッフが関わっているため、自分の意見を押し通すのは難しいものです。
協調性がなければ良い作品が完成しないため、創造力を仕事に活かそうと思ってもそう簡単にはいかない場合があります。
どんな事に対しても好奇心を持って取り組める人は、創造力を仕事に発揮できると人として好まれる傾向があります。
必ず音楽系の専門学校や大学で専門的な技術を習得している人が有利になるとは限りません。
音楽とは無縁の学校に通っていた方が、パソコンで音楽を作る楽しさを知ってサウンドクリエイターとして活躍するようになった方や、大学時代にバンドを組んでいて自分で作曲していたスキルが買われてサウンドクリエイターになった方もいます。