Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

空間デザイナー

自由に空間を彩る

創造力を活かす仕事の中で日常生活に密着する職種が空間デザイナーです。
様々な場所にある空間にどのようなデザインを施すか考えるため、全くゼロの状態から新しいデザインを作り出すため、創造力を発揮できる仕事になります。
例えば自宅の模様替えを頻繁に行っている方は日常的に空間デザイナーとしての実力が養われています。
今までにはない新しいデザインを創造する職種になるため、オリジナリティのある創造力を活かせます。

参考:空間デザイナー

空間デザイナーになる方法

空間デザイナーとして自分の持っている創造力を仕事に活用するためには、建築系や美術系の専門学校や大学、短大でスキルを習得しなければいけません。
建築系の学校では二級建築士や一級建築士の国家資格取得を目指して学習しながら創造力を養うことが大切です。
美術系の学校ではインテリアプランナーの資格取得を目指して学習を行なうことができます。
どのような進路を選ぶのかによっても異なりますが、絶対に建築士やインテリアプランナーの資格が必要になるとは限りません。
空間デザインに特化したカリキュラムを実践している学校で学習すると、必要なスキルを習得できます。
進学先を選ぶ段階で明確に空間デザイナーになると決めていた方と、何となく学校で学習しながら空間デザイナーになる夢を抱くようになる方がいます。
いずれにしても創造力を高めるトレーニングが必要になるため、自分に不足している部分を考えながら効率良く技術を習得しなければいけません。

空間デザイナーに求められるもの

実際に仕事を行なう際にはクライアントの意向を聞きながら打ち合わせを行います。
実際に形として完成させるまでには自分だけの力だけでなく、たくさんの人と協力しなければいけません。
特にクライアントとの打ち合わせではコミュニケーション能力を発揮しなければ、希望通りの仕上がりにならない可能性があるため、しっかり相手の話を聞きながらこちらの意見も上手に伝え、最終的にはどんな形として完成させるのか綿密に打ち合わせを行います。
他人と上手にコミュニケーションを図れない方は、どんなに創造力が豊かな方でも不利になってしまう可能性があります。
ある程度空間デザイナーとしての実力が付くまでには、基本的にクライアントの意見を再優先させなければいけない部分が多いため、自分の意見とあまりにかけ離れている要望を伝えられた場合はどのように納得してもらえるかがコミュニケーション能力の高さにかかっています。