1. >
  2. 画家

画家

絵画 買取

絵を描く技術や芸術性豊かなセンス、自分の見たことや考えたことを絵にできる表現力が必要とされる画家。
今回は、そのハイセンスな塊でもある画家について詳しく見ていきましょう。

■画家になるには

画家とは、絵画を描き作品として販売する人のことを言い、画家になること自体に明確な定義はありません。
極端な話ですが、絵を描いて「自分は画家だ」と宣言すれば、それで画家になることができますが、周囲の評価を受けて名前が売れて、プロの画家として認められて初めて画家としてのキャリアのスタートラインに立つことができるのです。

大学・専門学校での勉強
有名な画家の多くは、東京芸術大学(通称、芸大)やその他有名な美術系の大学を出ていることが多いです。
必ずしも芸術大学や美術系の専門学校に通わなければいけないわけではありませんが、こうした場所では絵画に関する基礎を学べ、美的センスを磨くことができます。
さらには、絵画業界の事情を知ることができたり、重要なコネクションを築くことができるのです。

そのため、芸術系の学校での勉強は、画家を目指す上では無視できない進路と言えるでしょう。

地道な活動こそ大切
画家として生活するためには、個展を開くなどして、多くの人に自分の絵のアピールすることも大切です。
しかし、まだ名も知れないうちは個展すら開くこともできないので、地道にコンクールや公募展に積極的に参加して知名度を上げていきましょう。
そこで賞を得るなりできれば、自分の名前も知れ渡り、それをきっかけに作品を見てもらえるようになるはずです。

主な進路としては、美術大学などを卒業してから学校の美術教師や出版会社・デザイン事務所・アニメやゲームの製作会社・アパレル会社などに就職し、美的センスを伸ばせる仕事をしながら画家を目指している人が多いようです。
また、イラストレータースクールなどで指導してもらうことも重要で、プロとして活躍されている先輩方に客観的に自分の絵を見てもらうことで、画家として大きく成長できるでしょう。

有名な画家になるためには、たくさんのハードルを越えなくてはなりませんが、自分の絵を表現し続ける信念を持ち決してあきらめないことが大切です。

■画家の収入は

画家の収入は、一枚の絵の基準が明確になっておらず、自分で絵の値段を決められます。

絵の値段の決め方に決まりは特にありませんが、絵の号数(キャンパスサイズ)で値段を決めることが多いようです。
一番小さいサイズを基準に値段を設定し、サイズの倍率に合わせて値段を上げていきます。
しかし、絵の大きさとそれを描く労力は必ずしも比例しないので、コストを考えた値段設定が大切です。

画家として収入を上げるには、まずは知名度を上げるしかありません。
コンテスト等で入賞し、肩書きを得るのが一番の近道でしょう。

■有名画家の絵画買取

画家が描いた絵画は、個展などが開かれた際に購入されてコレクションとして飾られるのが一番多いですが、ふとした事情でその作品を手放すことも起こり得ます。
基本的に作品の複製はありませんので、一点ものという扱いで買取される際にも高値がつくことが多いのです。
尚、この場合は画家として高い地位を築いていればいるほど、その値も跳ね上がると言えるでしょう。

🖼有名画家の絵画買取なら総合美術買取センター

ここでは、絵画などの美術品をはじめとした美術品専門の買取業者です。
それぞれのジャンルの専任鑑定士が在籍しているので、その作品に精通した人物が査定を行い、適切な買取額を提示することができます。
日本の画家の作品も多数取引がされていて、こうした方法でも作品の価値を維持することにも繋がります。

まずは、画家としてのキャリアを積み上げるために、地味な努力が何よりも大切だということです。