Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事 Subscribe to 0からモノを作り出すお仕事's comments

コピーライター

コピーライターとは

コピーライターという職業の名前は、一度は耳にしたことがあると思います。

コピーライターは広告の文字全般を扱う仕事で、テレビや各種メディアに使用される広告のメッセージを考える職業です。

有名なコピーライターには糸井 重里さん、仲畑 貴志さん、女性では児島 令子さん、尾形 真理子さんなどがいらっしゃいます。

仕事内容

コピーライターの仕事は依頼主からのオリエンテーションから始まります。

依頼主が広告を出したい商品、その商品の持っている課題、広告を出す目的、広告にかけられる予算などの説明を受けてから、広告のコンセプトなどを考えていきます。

そして才能にあふれるコピーライターはいくらか考えたあと自然とアイデアが湧き出てきて、秀逸なコピーを生み出す、かというとそうではありません。

広告のコンセプトを明確にした後、商品を売り出していく市場がどのような状況か見極め、商品を売るターゲットの想定と訴えかけるポイントを絞り込んでいきます。

売り出す商品の特徴をよく理解し、商品を買ってもらうために言わなければいけないことを吟味し、ライバル商品と差をつけるためのポイントなどを追求していきます。

そうした研究や依頼主との打ち合わせを何度も重ね、広告でいうべきコンセプトを決めていきます。

しっかり煮詰めてコンセプトを決めた後、ようやくコピーの作成に入ります。

コンセプトが売る側からの視点だとすれば、消費者の視点で商品を買う行動を起こさせるのがコピーの役割です。

説得力があって、なおかつ覚えやすい。

世の中には沢山のコピーがあふれているので、その中で輝くためには斬新さやオリジナリティーも求められます。

絵画や音楽をつくる芸術家や作曲家の中には「降りてくる」と表現する方もいらっしゃいますが、コピー制作はそのように生まれるものではなく、地道なマーケティング調査だったり論理的思考によってたくさんの試作をし、その中から厳選されてようやく生まれるのです。

コピーライターになるには

コピーライターになるのに特に資格などは必要ありません。

広告代理店、制作プロダクションなどに入りコピーライターとして働くのが一般的ですが、すぐにコピーライターとして仕事を任されるわけではありません。

会社勤めのなかで広告業界や業務全体の流れを学び、ある程度経験を得てからコピーライターとして業務を任されることが一般的だと言われています。

そうそう簡単になれる職業ではありませんが、言葉が好きで、言葉のセンスを磨きたい、様々な人や商品と関わって仕事をしたいという人には向いている職業です。