1. >
  2. Webデザイナー

Webデザイナー

■Webデザイナーの仕事とは

Webデザイナーとは、インターネット上のWebサイトのデザイン部分を担当する仕事です。

Webサイトは
・企画や管理、監督をするWebディレクター
・サイトのデザインを担当するWebデザイナー
・各コンテンツの原稿を書くライター
・デザインをhtmlに組み上げるコーダー
・プログラムを設計するプログラマー
などの複数のスタッフが力を合わせて作成されます。

Webデザインは、サイトの企画内容、サイト構成、ページ構成などの細かい部分を決めてから、作業に入ります。サイトのコンセプトや情報をユーザーがよりわかりやすく、より便利に使ってもらえるようなデザインにします。

デザイナーは”アート”ではなく”デザイン”を作る仕事です。サイトの内容に合わせた効果的な情報デザインを作る技術が重要になります。

■Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには、基礎的なデザイン力やPhotoshop等で画像を加工する技術、ホームベージ作成に必要なhtmlやCSS等の知識が必要です。

それに加え、マーケティングに関わるサイト設計法やSEOといった知識や技術も求められます。

これらは独学で勉強するケースと、専門学校に通いながら学ぶケースがあります。
その中、専門学校に通いながら学習することには様々なメリットがありますのでお勧めします。

  • プロの先生からアドバイスを貰いながら学習することができます。
  • プロの講師がいることで、実際の現場の話を聞いたり、相談することができます。
  • 学校内などで行われているコンテストに参加して自分の実力を確認することもできます。
  • 色んな分野の学生と話すことで、良い刺激にもなります。

例えば、デザインの専門学校の中には、企業とコラボレーションして商品をデザインして実際に販売するという実践的な授業を行っている学校もあります。
デザインの専門学校「バンタンデザイン研究所」

Webデザイナーになるために必要な特別な資格、検定等はありません。ですが、流行のデザインを常に把握しておく必要があり、Webの最新の知識を求められることが多い技術職なので、日々勉強していくことが大切です。

■Webデザイナーの向き、不向き

次の方のような方がWebデザイナーに向いています。

・新しい情報に敏感である
・人の気持ちを理解することが得意だ
・PCを扱うのが好きだ
・わからないことはすぐに調べないと気がすまない
・客観的に考えることが得意だ

これらはあくまで例えなので、向いてないからといって決してWebデザイナーになれないことはありません。努力次第で誰にでもできる職業です。

■Webデザイナーのお給料

Webデザイナーの平均年収は337万円程度のようです。

しかし、デザイナーの仕事だけでなく、プロジェクト全体をまとめるプロデューサーとしての仕事まで任されるようになると、年収は伸び500万円弱程度になるそうです。